オーストラリアトリップ

オーストラリアからの帰国日

帰国日は、朝から嵐の様な強風と小雨

2018/03/08 snapper rocks
5時半にスナッパーに歩く道も少し小高い場所に宿があるので板をしっかり持たないと板が飛ばされそうな強い風にあおられる
10分ほどでポイントに着くともう既に人が20人以上がピークに

サイドショアで面がまとまり無くピークも定まらない中、パドルアウトしていると大きめのセットに乗ってくるのは、ジョディ・スミスだ
ボトムターンからフィンアウトのオフザリップ
間近で見るとスピードと切れがすごい

ピークで割れる波は、波数少なめで激戦
乗れるわけ無いので中盤辺り普通に割れる波狙いに
砂がグリーンマウントに沿ってきれいに付いているので干潮時と重なり中盤でも十分掘れてパワーがある
アウトから波に乗ってアンドリアーノが手前でワイプアウト
そして、隣に来たと思いきやすぐ来たセットに乗り大きなリップを3回
板の返しが早い
そうやって乗るんだと感心するばかり

体もパドルで疲れ上がる時間に
ジョディ・スミスも同時に上がってきたが、板を見たらスワローテールの小波用?な感じのボード
常にバリバリのコンテストボードな訳では無いようだ
そう言えば、前日は厚い波だったがココ・ホーはロングボードに乗っていた
ロングに乗ってもかなり上手いしリラックスした感じのライディングで笑顔だ
ブラジリアン3人(ガブリエル、イタロ、フェリペ)も混雑のスナッパーでノーリーシュで笑いながら力まず、それでいてすごいスピードとリップの連続
全く持て次元が違うサーフィン
すっかり新しい世代のサーフィンになっていることを実感させられる

2018/03/08 snapper rocks
2018/03/08 snapper rocks

いつも応援いただきありがとうございます。ランキングサイト参加中ですので
↓↓↓下記ボタンクリックのご協力お願いいたします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

Comment here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください